認知症を考える

認知症を考える

認知症の予防は運動で脳神経細胞を活性する

認知症を発症する人は、2025年には700万人を超えると考えられています。また、認知症の多くの原因には、アミロイドβとタウタンパク質が蓄積することで、脳神経細胞が死滅するといわれていますので、予防を行うことで発症させるのを防ぐことができるようです。
予防のための効果的な方法に、運動で筋肉を動かして脳の神経細胞を活性化させるのが良いとされています。アミロイドβとタウタンパク質の蓄積は、認知症を発症するおよそ25年前から始まることがわかっていますので、40歳代になったら1週間に2日・3日の有酸素運動や、30分・1時間程度のウォーキングなどの運動を続けて行うことで予防につながるようです。
さらには、食事内容にも気をつけることが大切になります。血糖値の急激な上昇は、認知症を発症するリスクを高めるといわれていますので、食事をする際には野菜から食べ始めて、血糖の上昇を緩やかにすることも大事になるようです。

認知症にならないために大切な予防方法

認知症はいつ突然やってくれるか分からない部分もありますが、その認知症予防をすればある程度その病気の予防をしたり、進行を遅らせるということも出来るようになってきます。
一般的な認知症予防としては、脳に刺激を与えてくれる事を行うと良いとされています。毎日平坦な生活が続くと、脳への刺激が薄くなってしまいボケてしまいますので、それを刺激を与えることで防ぐのです。
方法は色々とあり、最近はゲームをしたり人とのコミュニケーションを増やすという方法が使われています。ゲームをする方法ならば自然に頭を使うことが出来ますし、ゲーム自体を楽しみながら認知症予防が出来ます。最近は高齢者向けの囲碁サークルや教室を利用される方もいれば、麻雀などのゲームを行っている施設もあります。
また、コミュニケーションも非常に重要で、人と話をすることで脳が活性化されそれもまた良い効果を与えてくれます。ボケてしまわないようにそれらの対策を行って行きましょう。

recommend

医学部 予備校 名古屋

Last update:2017/11/21