認知症を考える

認知症を考える

家族が認知症にならないための予防法

家族が認知症にならないためには、高齢の両親にウォーキングなどの運動や、積極的に外出をするように促す努力が必要で、外出をして体を動かすことで脳の活動を強めることができるので、認知症を防ぐことができます。また有酸素運動だけでなく、足腰の筋力を鍛えるためのトレーニングも必要で、足腰がしっかりとしていると転倒によるケガを防ぐことができるので、寝たきりによる認知症を防ぐことができます。家族は高齢者を放置するのではなく、積極的に運動をさせるなどの関与をすることが大切で、高齢の親が関与されるのを嫌がっても昼間はしっかりと外出させて活動的な毎日を送らせなければなりません。認知症は脳の機能が衰える病気ですが、有酸素運動や筋力トレーニングに加えて、太極拳などの動きが複雑なスポーツをすると脳の機能が成長するので家の中に閉じこもりがちの高齢者は無理にでも運動をさせないと、介護をしなければならない状態に陥る可能性が高くなります。

認知症の人と家族の接し方

家族に認知症の人が出てしまった時に、周囲の人も不安を感じますが本人が一番不安を感じています。
何で忘れてしまうのかと本人が一番不安を感じておりその為、不安のあまり大きな声を出してしまったり怒りぽくなってしまったりします。
そんな時に、家族の人はつい叱ってしまいがちですが、叱ってしまってはだめです。
認知症の人を叱ってしまうと、逆に強く自分を主張してしまい逆効果になってしまいますし、症状が進行する場合があると言われています。
叱るのではなく優しく受け入れてあげる事です。
認知症の人は、何度も同じ話をしますが、それを何度も聞いてあげ穏やかに接してあげる事です。v 言葉以外でも優しく微笑んであげたり時には、抱きしめてあげる事が大事です。
しかし、ずっと認知症の人を介護していると家族の方が疲れてしまいます。
介護で疲れないように、他の家族の協力を得るのはもちろん、介護保険なども利用して上手く息抜きする事も大事です。

check

ネイルスクール 大阪

最終更新日:2017/11/10